top of page
検索
  • 執筆者の写真野田 和也

【その肌荒れ、本当に化粧品のせい?】


皆さま!こんな事ありませんか?


「化粧水を変えたらニキビができた!」


当院にお越しいただく方々も


化粧品が合わないからむやみに変えられない!


肌が弱いのかもしれない!


などのお悩みをいただく場合があります!



しかし!


本当に化粧品が原因で


肌荒れが起きているのでしょうか?


今回は化粧品の「合う・合わない」を


見極める方法をお伝えいたします!


まず即座に使用を中止した方が良い場合は…


「使用直後に赤みや痛み・痒みを伴う場合」



この場合は


含まれている成分の刺激が強すぎる!


またアレルギー成分が含まれている可能性もありますので


すぐに使用を中止しましょう!


また化粧品を使用して


大量のニキビができてしまった!


膿や痛みが激しい場合も


使用を中止された方が良いです!


化粧品を変えて使っていく中で


小さなニキビやコメドができた場合は


以前使用していた化粧品の影響を


お肌がまだ引き継いでいる状態かもしれません!


肌のターンオーバーには28日前後の


時間がかかりますので


少し様子を見ても良いと思います!



また化粧品を変えたいときは


一気に全てを変えるのではなく


化粧水や美容液、乳液等


一つずつ変えていく事をオススメいたします!


もし仮に肌に合わなかった場合


どの化粧品か合っていないのか判断が


難しくなるので


一つずつ1週間ほど空けながら


変えてお肌の状態を確認していきましょう!

閲覧数:4回0件のコメント

コメント


bottom of page