top of page
検索
  • 執筆者の写真野田 和也

【界面活性剤は悪なのか?】

界面活性剤と聞くと


肌に良くない!


出来るだけ界面活性剤が入っていないものを


使った方が良い!


そんなイメージを持っている方も


多いのではないでしょうか!



結論からお伝えしますと…


「界面活性剤はむしろ必要不可欠」



とはいえ、界面活性剤にも種類があり


その中には毒性が強いものもありますので


注意が必要です!


そもそも「界面活性剤」とは


本来混ざり合うことのない「水」と「油」を


混ざるようにする成分です。


その働きは…


泡立ちやすくしたり、汚れを落としやすくしたり


滑りを滑らかにしたりする効果があります!



界面活性剤には大きく分けると4種類あります。


➊陽イオン界面活性剤


よく柔軟剤やトリートメントに入っており


刺激が強めです! 



➋陰イオン界面活性剤


主に石けん、シャンプー、食器用洗剤、衣類用洗剤


などに入っており、洗浄力が強く


泡立ちが良いものです!



➌両性イオン界面活性剤


主にベビーソープや化粧品に入っております。



➍非イオン界面活性剤


主に化粧品、マヨネーズなどの食品用乳化剤に

入っております。



上記に示した通り


「界面活性剤」は私達が生活する上で欠かせない


様々なものに含まれており


マヨネーズなどの食品にも使われております。


更に!


界面活性剤には「天然」のものと「合成」のものとあります!


言葉のイメージですと


「天然」の界面活性剤の方が


肌などに優しそうなイメージですが


自然界に存在する界面活性剤は不純物を


含んでいるものもあり


効果や刺激が不安定な場合もあります。


一方人間が作り出した「合成」の界面活性剤は


効果、刺激が安定しているものが多い為


ほとんどの化粧品に使われています。



界面活性剤は本当に様々な種類があります。


その全てを悪者にして使わないのではなく


むしろ界面活性剤が含まれているからこそ


健やかな肌環境を維持できている場合もありますので


闇雲に避けるのではなく


正しい知識で賢く使用しましょう。

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page